2014年07月10日

夏休みの勉強法 夏期講習には期待しない

あと2週間で夏休みです。「夏休みはがんばるぞ!」と意気込んでいる方も多いと思います。中3の夏休みには、連日、長時間の夏期講習が行われます。兼学塾でも、中3は、普段よりも受講回数を増やし、中2までの総復習や期末テスト対策をします。

ただ、水をさすようですが、夏期講習に期待しすぎるのは禁物です。夏期講習では、中2までの総復習や、2学期の予習を猛烈なスピードで進めます。夏期講習を受けているだけでは、苦手な単元を、根本的に理解するのは難しいです。夏期講習を受けっぱなしにせず、問題を解けるようになるまで復習しましょう。

受験生は何かとやることが多く、夏期講習の復習などは、つい後回しにして、そのまま忘れてしまいます。夏休みの目標や学習計画を決め、最低限やるべきことを明確にしておきましょう。ただ、「期末テストで学年順位を10位以内に上げる」といったような、漠然として、受験と直結しない目標は、あまり望ましくありません。この目標では、どの科目で何を勉強すればいいか分かりにくいですし、入試で必要なのは学年順位ではなくて内申点です。たとえ定期テストの総合点が高くても、宿題を出し忘れたり、苦手科目を放置して、内申点が下がってしまったら、あまり意味がありません。

実際には、以下のような目標設定の仕方が望ましいです。
現状の分析 数学は中間テストで75点だったので、あと10点ほどで4になる可能性が高い。
目標 数学の成績を4にあげる。他の科目の内申点が下がらないようにする。
学習計画 7月中に学校の数学の宿題と、期末テストの範囲のワークを終わらせる。8月は、平方根と二次方程式の計算練習をしてケアレスミスをなくす。また、8月下旬に、塾の夏期講習の教材を解き直し、5科目の総復習をする。




posted by 都立高校入試の兼学塾 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月06日

文字式の証明

文字式の証明問題は、都立高校で毎年出題されています。中間テストで間違えてしまった問題は、必ず復習しておきましょう。

数学が得意な人は、入試問題が載っている問題集を購入し、さらに問題練習をしましょう。以下の問題集は、数学を得点源にしたい人におすすめです。

全国高校入試問題正解 分野別過去問876題
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

2014年05月10日

中間テスト

2学期制の中学では、中間テストまで、約1ヶ月ほどです。中3の1学期は、運動会、修学旅行、部活の引退試合など、やることが盛りだくさんで忙しいです。今からテスト勉強を始め、テスト1週間前までには、テスト範囲を一通り勉強し、提出物も仕上げましょう。特に数学や英語では、後期になると、入試レベルの問題が出題されたり、試験範囲が広くなります。前期でできるだけ得点してください。兼学塾では、学校のワーク、教科書準拠問題集、通信教育の教材などを勉強する時間をとるようにしています。学校が忙しくても、1日1時間ほどでいいので、テスト勉強に取り組みましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2014年04月14日

中1の復習

兼学塾では、4月から、中1の理科・社会を復習しています。ゴールデンウィーク頃までに、全員、1回は中1の基本問題を解き終える予定です。この時期に理科・社会を復習すると、以下のようなメリットがあります。

・テストを生かすことができる
夏休み頃までの模試や学力調査などでは、2年生までの範囲が出題されます。「光合成、なにそれ?食べれるの?」という状態では、テストを受けても無駄になってしまいます。「光合成の対照実験で、紛らわしい選択肢に引っかかった」くらいの認識が持てるようになると、テストを勉強に生かせます。

・中3の勉強がよく分かるようになる
中3で習う生物の生殖では、1年生で習う「花のつくり」が必要です。化学でも、化学式を思い出しておくと、スムーズに勉強できます。

・内申対策にもなる
中3の宿題や定期テストでは、2年生までの復習が出されることがあります。今、1・2年の復習をしておくと、能率良く学校の課題をこなすことができます。(逆に、基礎ができていないと、宿題をこなすだけで精一杯になって、定期テストの得点が下がってしまいます)

夏休み頃までは、分からない問題は、教科書を調べながら解いてください。今の時点では、定期テストで勉強したことを思い出し、苦手な単元を確認する程度で十分です。あまり神経質にならず、1学期中に中2までの全範囲を復習し終わる程度のペースで進めましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2014年03月19日

文字式

中3の数学は、文字式から始まります。塾では、さっそく新学期の準備を始めています。春休み中に、少なくとも中1・中2の文字式の復習は終わらせてください。カッコの外し方は、特に重要です。また、数学が得意な人は、中3向けのテキストを買い、乗法公式と因数分解の予習をしておきましょう。兼学塾では、新学期までに、全員、易しい因数分解までできるようにする予定です。

次回の定期テストは、内申点の参考にされます。テスト1週間前に、分からないことがあるのは、論外です。中3では、予習をしておいて、学校の授業で復習をし、定期テストで完全に定着をさせる、というペースが望ましいです。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

2014年03月04日

来年の受験に向けて

本年度の入試が終わり、2月に受験を終えたばかりの生徒達も、さっそく勉強を始めています。最近の学生は、なんて真面目なんだろうと驚きます。

さて、来年度の受験まで、もう11ヶ月ほどです。というより、内申点は、中3の前期の成績であらかた決まるので、実質的には、あと8ヶ月ほどで受験できる高校が決まります。

新3年生は、本当は、もうあせり始めないと、まずい時期です。塾では、3年生の数学や英語の予習を始め、受験に向けて雰囲気をつくっています。自宅学習でも、期末テストの復習や、中2までの総復習に取り組んでほしいです。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月17日

過去問の復習

都立の一般入試まで、あと1ヶ月ほどです。だいぶ過去問を解き終えたと思います。(もし、過去問に手をつけていない人がいたら、今日から始めてください)

過去問は、解きっぱなしでは意味がありません。ただ、過去問のみを勉強すると危険です。

過去に出題された問題は、二度と出題されることはないので、過去問をおぼえるだけでは、本番の問題に対応できません。過去問を解いたら、解けなかった問題を解き直して、考え方や難易度を把握してください。ケアレスミスの場合は、ミスした原因をノートにメモしておくと、受験直前に見直しできます。

難しすぎる問題は、捨ててしまってかまいません。一番重要なのは、「あと少しで解けた」問題をできるようにすることです。

数学、理科、社会では、間違えた問題を似たものを、問題集などから探し、練習してください。英語や国語の場合は、流し読みをせず、なぜ間違えてしまったのか考えることが重要です。そのうえで、公立高校レベルの読解問題を解くと、解き方がのみこめます。

うまく勉強すれば、まだまだ実力が伸びるので、がんばってください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去問

2013年12月13日

推薦入試

三者面談で志望校が決まり、プレッシャーがかかる時期ですが、勉強ははかどっているでしょうか。

塾では、よく都立の推薦入試に出願するか迷う生徒がいます。個人的には、一般入試の下見にもなるので、推薦も受けた方がいいと思います。

作文は、志望校で過去に出題された問題や、市販の国語の問題集で練習してください。書き上げたものは、必ず学校や塾の先生に見せて推敲してください。

昨年度に受験した生徒達によると、集団討論では、話がそれてしまったり、対立意見を論破することにこだわってしまうなど、うまくいかないこともあったようです。それぞれの意見を理解し、場をまとめていく発言をこころがけてください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2013年11月22日

定期テストお疲れ様でした

最後の定期テストが終わり、ほっとしている人も多いと思います。ただ、入試まで、あと3ヶ月です。さっそく、受験勉強を始めましょう。

具体的な勉強法ですが、塾に通っている人は、塾の講師に学習計画について相談するといいと思います。この時期は、講師も、生徒の成績の推移や、強み、弱点を把握しているので、何かアドバイスをもらえます。

独学で勉強している人は、1年分、志望校の過去問を解いて、出題傾向や難易度を確認してください。(習っていない問題は、とばしてOKです)また、数学の三平方の定理、円の予習は、冬休みに入る前に終わらせましょう。

注意点ですが、「暗記科目は直前に」というのは、危険な考え方です。都立高校の理科や社会では、資料を与えて考えさせる問題が出題されます。付け焼き刃は聞かないので、苦手な分野があれば、冬休みまでに勉強しましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年10月15日

私立の併願校

今回は、受験生と言うより、ご家族にあててです。

そろそろ、私立の併願校を決定する時期です。不況ということもあり、公立高校のみ出願する受験生もいます。しかし、できる限り、私立を併願してください。秋には、「易しい高校に出願して、本人もがんばれば、合格する」と感じてしまいます。気軽に、「絶対公立」とプレッシャーをかけるご家族もいらっしゃいます。しかし、都立の入試では、偏差値の低い学校でも、倍率が上がる年度があります。試験当日、体調を崩すなどのアクシデントもあります。試験直前になると、受験生本人も合否について深刻に考えるので、私立に出願していないと、不安にさいなまれてしまいます。

わざわざこのようなことを書いたのは、ネットでは、「国立大学に行けなかったら就職させると宣言して、一生懸命勉強させた」「公立高校しか受けなかったが、無事合格した」といったような噂が見受けられるからです。もちろん、崖っぷちで成功するお子さんもいます。(実際、兼学塾でも、都立のみに出願して、見事合格された方がいらっしゃいます)しかし、失敗したときの社会的リスクや、思春期のお子さんに大人でも耐え難いプレッシャーをかける危険性について直視してください。ネットや、学校のうわさ話では、リスクについては、正しく語られないこともあります。ご家族全員が、それらのリスクに納得できなければ、私立に出願するべきです。私立では、諸経費まで含めるとかなりの負担はありますが、あらゆる可能性を探し、私立の併願校を用意してあげてください。



posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記