2016年10月21日

最後の定期テスト

定期テストの勉強を、そろそろ始めているでしょうか。3年生の秋の定期テストでは、難易度が高い単元が目白押しです。学校のワークや教科書準拠の問題集などは今から始めましょう。特に、数学では関数と平面図形が試験範囲になり、数学が苦手な受験生にとっては、中学生が言うところの無理ゲー状態になります。ただ、二次関数や相似は入試で頻出で、捨てるわけにはいかないので、難しくても学校のワークの基本問題は自力でがんばってください。また、理科でイオン、天体の計算、仕事の計算などが出題される場合でも、「これは苦手だから捨てよう」というのはダメです。近年の都立入試では、理科の計算問題が重視されるようになっているので、良い機会ととらえて、公式に代入するだけの問題は解けるようにしてください。この時期のテスト範囲は、入試に直結する問題が多いので、テスト勉強をしているだけでも、受験勉強になります。苦手な問題があっても、あせらず、十分に時間をかけて克服していきましょう。また、定期テストレベルは悠々大丈夫な場合は、二次関数、相似、関係代名詞、分詞などの発展問題を演習し、難問を演習するための基礎力をつけましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2016年10月04日

模擬試験

お久しぶりです。7月に出産をし、とにかく忙しくてブログの更新をしていませんでした。今になって、子供が生まれて無事に育っているのは、人生は不思議だという気持ちです。受講生の皆様に、できるだけ迷惑をおかけしないようにがんばります。

さて、この時期は、必ず「Vもぎ」か「Wもぎ」を受験してください。1ヶ月に1回くらいのペースで、1月まで継続して模擬試験を受けてください。なぜなら、同じ偏差値だとしても、成績が上がり調子なのか下がり調子なのかで、数字の意味が違うからです。じわじわと成績があがっている状況であれば、多少、志望校判定が悪くても、入試本番まで成績が伸びる可能性が高いといえます。ときどき、学費の問題で、1回しか受けたくないというお話を聞くことがありますが、塾の学費を削ってでも、模擬試験は受けてください。この時期からは、本番の雰囲気に慣れ、都立の類似問題を演習することに大きな意味があります。

Vもぎ
Wもぎ

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2016年05月30日

6月こそ直前期

「夏休みは毎日受験勉強する」「秋から追い込みをかける」これらは、危険な楽観です。

6月こそ、直前期の勢いで受験勉強をしましょう。なぜなら、6月の定期テストや、英検などの検定試験は、受験の合否に直結するからです。

また、秋以降は、休日が模擬試験や学校でつぶれますし、思うほどには勉強時間がとれません。内申対策と、塾などの勉強で手一杯になると考えておく方がいいです。時間があれば、今のうちから、中2までの理社の暗記など、具体的に受験勉強を進めておくべきです。

どうも本気が出せないという場合は、都立高校の過去問を読んでみましょう。あと9ヶ月で、どうやったら、入試問題で高得点をとれるか、過去問とカレンダーを見比べながら考えると、自然とやるべきことが見えてきます。(見えてこない場合は、それこそ危機なので、学校や塾の先生に相談してください)
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2016年02月11日

私立の受験、おつかれさまでした

私立の受験がおわり、ほっと一息ついている人も多いと思います。都立まであと少しですが、一般入試に意識を集中し、最後の追い込みをしましょう。過去問の解き直し、理科・社会の暗記、記述問題の添削など、まだまだできることはあります。

私立に落ちてしまったり、出願しなかった人は、周りが合格にわいているのを見て、プレッシャーがかかるかもしれません。分割後期の対策までしっかりすれば、たいてい大丈夫です。また、万が一ということがあっても、教育委員会に問い合わせれば、進路について具体的に教えてもらえます。まずは心静かに、目の前の勉強をしましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2015年12月25日

2学期、おつかれさまでした

2学期は、内申対策、受験勉強と、生まれて初めてと言っていいほど、忙しかったと思います。まずは、お疲れ様でした。完全燃焼できなかった人は、冬休みで挽回するべく勉強に取り組みましょう。

冬休みでは、入試に即した勉強が重要です。数学でいえば、図形と関数の融合問題、文字式の証明問題などを重点的に勉強してください。英語や国語でも、読解力を伸ばしたり、記述答案を添削してもらうなど、本番を意識した勉強をこころがけてください。

ただ、いたずらに「得点を伸ばさなくちゃ」と焦るのは、あまりよくありません。中堅校狙いの人は、具体的に目標点を決め、捨てるべき問題は捨ててください。例えば、数学では、小問集合、関数の基礎、図形の証明をだいたい解ければ、6割近く得点できます。5割程度得点できれば合格する高校を受験する場合、小問集合、二次関数の変域、一次関数の式の決定、図形の証明だけをくり返し勉強してください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月29日

中間テストまであと少し

2学期制の中学では、中間テストまで、あと少しだと思います。皆さん、受験勉強に励んでいらっしゃるでしょうが、ここで頭を切り換え、内申対策に勉強時間を割きましょう。数学の二次関数や相似、英語の関係代名詞、公民の政治分野、理科の計算問題などは、入試でもよく出題されるテーマです。中学の授業は大丈夫、と思っている人でも、試験範囲をもう一度見直すことに意味はあります。また、中堅校を狙っている人は、いったん受験勉強はストップして、学校のワークやノートに専念してください。関係代名詞や理科の計算問題は、大失敗しやすい、難易度が高い分野です。勉強することをしぼり、確実に基本問題を解けるようにしてください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2015年07月06日

もうすぐ夏休み

もうすぐ夏休みです。夏休みは以下の2点に気をつけ、無理せず、サボらず、学校に行っているときと同じくらいのペースで取り組むのがいいと思います。

1 1学期までに習った単元を、入試レベルに引き上げる。
入試問題と定期テストでは、問題の傾向が違います。夏休みに入試レベルの問題集に取り組み、入試問題のパターンに慣れましょう。特に、理科・社会では、1年生で習ったことも、まんべんなく出題されるので要注意です。「ハイクラス徹底問題集」(文理)、「合格BEST本」(新興出版社)などがおすすめです。

2 期末テストの勉強をする。
夏休みは、期末テストの勉強(3学期制の場合は2学期中間テスト)をぜひ始めてください。気が早いように思えますが、次のテストからは、周りの受験生も本気で勉強するようになり、気が抜けなくなります。夏休みに学校のワークや教科書準拠問題集をやっておいて、9月は試験範囲の暗記や学校のプリントの見直しに時間を使いましょう。

夏期講習に通う場合でも、塾に行くだけで安心してしまうと、逆効果になってしまいます。自分なりに予定をたて、自学自習の時間をとりましょう。2学期の定期テストと模擬試験から逆算し、具体的な計画をたてるといいですね。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月13日

3年生の定期テスト

3年生の定期テストでは、「細かいところまでしっかりと」勉強しましょう。

受験では、ちょっとの差で合否が決まります。冬になって、「あと10点得点できていれば、数学で4がついたのに」といった愚痴をこぼす生徒も例年います。テスト週間には、試験範囲表の隅々まで勉強してください。そのためには、提出物は、テスト週間に入るまでに仕上げておきましょう。

特に、国語の漢字練習、数学の計算練習などは、つい自宅学習では後回しになりがちです。意識して学習時間をとってください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2015年04月11日

春こそ受験勉強

兼学塾では、3月から、英語や数学の予習、中2までの理科・社会の復習などを始めています。受験勉強は、部活を引退してからでは遅いです!

夏休みに、バリバリと入試問題を解くには、それまでに、2年生までの基礎を固めておかないと無理です。また、12月頃に過去問を解き始めるには、それまでに、英語や数学の予習を終わらせておくことが必要です。

しかも、中3では内申対策が必要になるので、定期テスト前3週間ほどは、学校の勉強に専念することになります。もちろん、小テストや提出物でも力を抜けません。実質的に受験勉強できるのは、1学期に2ヶ月ほど、夏休み、2学期に2ヶ月ほど、そして直前期ということになります。

こうしてみると、今から受験勉強を初めても、遅いくらいです。部活との両立が大変だとは思いますが、学校の勉強のほかに、少なくとも中2までの復習をしておきましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月30日

推薦入試が終わって

来週は、都立の推薦試験の発表があります。万が一不合格の場合でも、推薦の結果は気にせず、月曜日から集中して受験勉強をしましょう。

この時期は、過去問の解き直しや、理科・社会の見直しをするといいと思います。グループ作成校を受験する人は、最後まで、英語や数学の応用問題にチャレンジしましょう。過去問の解き直しだけだと、基礎知識の抜けを埋められないし、過去問と違うパターンの問題への対応力が鈍ります。しかし、過去問を解き直すことで、問題の構成をよりよく理解でき、都立特有の問題パターンを把握できます。

また、併願校の過去問を解いておくと、都立で出題傾向が変わった場合の対策にも為ります。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記