2016年10月21日

最後の定期テスト

定期テストの勉強を、そろそろ始めているでしょうか。3年生の秋の定期テストでは、難易度が高い単元が目白押しです。学校のワークや教科書準拠の問題集などは今から始めましょう。特に、数学では関数と平面図形が試験範囲になり、数学が苦手な受験生にとっては、中学生が言うところの無理ゲー状態になります。ただ、二次関数や相似は入試で頻出で、捨てるわけにはいかないので、難しくても学校のワークの基本問題は自力でがんばってください。また、理科でイオン、天体の計算、仕事の計算などが出題される場合でも、「これは苦手だから捨てよう」というのはダメです。近年の都立入試では、理科の計算問題が重視されるようになっているので、良い機会ととらえて、公式に代入するだけの問題は解けるようにしてください。この時期のテスト範囲は、入試に直結する問題が多いので、テスト勉強をしているだけでも、受験勉強になります。苦手な問題があっても、あせらず、十分に時間をかけて克服していきましょう。また、定期テストレベルは悠々大丈夫な場合は、二次関数、相似、関係代名詞、分詞などの発展問題を演習し、難問を演習するための基礎力をつけましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2016年05月30日

6月こそ直前期

「夏休みは毎日受験勉強する」「秋から追い込みをかける」これらは、危険な楽観です。

6月こそ、直前期の勢いで受験勉強をしましょう。なぜなら、6月の定期テストや、英検などの検定試験は、受験の合否に直結するからです。

また、秋以降は、休日が模擬試験や学校でつぶれますし、思うほどには勉強時間がとれません。内申対策と、塾などの勉強で手一杯になると考えておく方がいいです。時間があれば、今のうちから、中2までの理社の暗記など、具体的に受験勉強を進めておくべきです。

どうも本気が出せないという場合は、都立高校の過去問を読んでみましょう。あと9ヶ月で、どうやったら、入試問題で高得点をとれるか、過去問とカレンダーを見比べながら考えると、自然とやるべきことが見えてきます。(見えてこない場合は、それこそ危機なので、学校や塾の先生に相談してください)
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2015年10月29日

中間テストまであと少し

2学期制の中学では、中間テストまで、あと少しだと思います。皆さん、受験勉強に励んでいらっしゃるでしょうが、ここで頭を切り換え、内申対策に勉強時間を割きましょう。数学の二次関数や相似、英語の関係代名詞、公民の政治分野、理科の計算問題などは、入試でもよく出題されるテーマです。中学の授業は大丈夫、と思っている人でも、試験範囲をもう一度見直すことに意味はあります。また、中堅校を狙っている人は、いったん受験勉強はストップして、学校のワークやノートに専念してください。関係代名詞や理科の計算問題は、大失敗しやすい、難易度が高い分野です。勉強することをしぼり、確実に基本問題を解けるようにしてください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2015年06月13日

3年生の定期テスト

3年生の定期テストでは、「細かいところまでしっかりと」勉強しましょう。

受験では、ちょっとの差で合否が決まります。冬になって、「あと10点得点できていれば、数学で4がついたのに」といった愚痴をこぼす生徒も例年います。テスト週間には、試験範囲表の隅々まで勉強してください。そのためには、提出物は、テスト週間に入るまでに仕上げておきましょう。

特に、国語の漢字練習、数学の計算練習などは、つい自宅学習では後回しになりがちです。意識して学習時間をとってください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2014年05月10日

中間テスト

2学期制の中学では、中間テストまで、約1ヶ月ほどです。中3の1学期は、運動会、修学旅行、部活の引退試合など、やることが盛りだくさんで忙しいです。今からテスト勉強を始め、テスト1週間前までには、テスト範囲を一通り勉強し、提出物も仕上げましょう。特に数学や英語では、後期になると、入試レベルの問題が出題されたり、試験範囲が広くなります。前期でできるだけ得点してください。兼学塾では、学校のワーク、教科書準拠問題集、通信教育の教材などを勉強する時間をとるようにしています。学校が忙しくても、1日1時間ほどでいいので、テスト勉強に取り組みましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2013年09月12日

理科の計算

2学期が始まりましたが、定期テストの勉強に、模試に、さぞかし忙しいと思います。

中3の理科では、力学、中和、遺伝などで、計算問題があります。計算を苦手とする人が多いですが、テスト勉強では、絶対に計算問題をとばさないようにしましょう。先生によっては、計算の配点がかなり高くなります。理科の計算は、一見難しそうに見えても、大部分が、1年生で習った比例の計算で解ける問題です。単位換算や有効数字など、ちょっとした注意点をのみこめば、意外と簡単にできます。

理科の計算が苦手な人は、学校のワークやプリントに絞り、途中式を丁寧に書いて反復練習してください。答えが100倍違う!というようなことになったら、おそらく単位が違っています。物理や化学では、単位を合わせないと正しく計算できません。答えが合わないときは、教科書に戻って公式の単位を確認してください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2013年05月16日

最近の兼学塾

最近の兼学塾では、5月に定期テストがある生徒さん達が、がんばっていました。兼学塾では、延長料金はとらないので、意欲的な生徒さんは、4時間近く勉強しています。本年度は、中学生の人数が多く、混みがちで申し訳ないです。

さて、6月に中間テストがある人は、そろそろ勉強を始めましょう。先週、6月13日に中間テストがスタートする生徒さんが、すでに学校のワークを始めていました。中3では、これくらいの緊張感で勉強しているクラスメートもいるので、テスト週間にバタバタと宿題をやるのは論外です。特に、修学旅行や体育祭がある場合は、その直前は勉強できないことも計算にいれましょう。

5月中に、数学や国語のワークなど時間がかかるものを片付けておき、6月は問題演習や、学校のプリントの暗記に集中する時間をとってください。ワークの宿題も、できなかったものをノートに解き直すといいですね。また、上位校を受験する人は、6月に二次方程式の文章題までを勉強してください。(二次方程式までをマスターしていれば、因数分解や平方根のテストでは、満点近く得点できるはずです)
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2011年09月16日

2学期の定期テスト

昨日、兼学塾の近所の中学校の定期テストが終わりました。

塾では、ブログの更新が滞るほど忙しかったです。

中3の2学期の成績は、都立高校の入試の調査書で使われます。

そのため、どこの塾でも、内申対策に力をいれます。

中3の2学期は、周りの受験生も本気で勉強するので、なかなか成績があがりません。

テスト終了後、「がんばったわりには、順位が変わらなかったな〜」と感じる人も多いと思います。

でも、ここで嫌になってしまわず、普段の勉強を続けてください。

総てのことをパーフェクトにできる受験生は、そういません。

難関校に合格するような受験生でも、苦手科目のテストで失敗したり、提出物を出し忘れたり、といったことはあります。

多少の失敗があっても、普段通りに勉強を続けるうちにどうにかなっていくものです。

過度に不安を感じず、学校の勉強にしっかり取り組んでください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2011年08月23日

新学期に向けて

あと1週間ほどで夏休みが終わります。

夏期講習が終わっても、ほっとする暇はありません。

2学期の定期テストに向けて、準備を始めましょう。

夏休み中に学校のワークを進めておくと、2学期に余裕が生まれます。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2011年06月18日

提出物

定期テスト終了後は、ついテストの点数だけに目がいってしまいます。

けれども、内申点は、定期テストの点数だけで決まるわけではありません。

提出物や小テストなど、平常点が重要です。

定期テストの点数が良くなくても、平常点が良ければ、3はつくことが多いです。

内申点で2がついていなければ、かなり学校選択の幅が広がります。
(私立校によっては、2や1がないことを推薦の条件にしています。また、2があると、都立でも上位校は厳しくなります。)

授業の内容が理解できなくても、あきらめずに提出物はだしましょう。

来週には、都内のほぼ全ての中学で中間テストが終わります。

提出物は、すべて出したでしょうか?

特に、再提出になった科目で、やり直しを提出したか確認してください。

(万が一忘れていた科目があったら、すぐに先生に謝って提出物を受け取ってもらいましょう)
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2011年05月05日

中間テスト

中間テストがゴールデンウィーク明けにある中学では、中間テストの試験範囲が狭くなります。

試験範囲が狭いと、1つのテーマから何問も出題されます。

苦手な単元があると、大量に失点してしまう恐れがあります。

ゴールデンウィーク中に、油断せずにがんばりましょう。

特に、中1の3月に習ったことは、手薄になりやすいので気をつけてください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2010年11月12日

定期テストおつかれさまです

定期テストが近づいてきました。

悔いが残らないように、がんばってください。

今回の定期テストでは、非常に出題範囲が広い科目があると思います。

メリハリをつけることが大切です。

以下に、やらなければならないことの優先順位をあげました。

提出物を忘れたり、実技科目で大失敗をすると、内申が下がってしまうかもしれません。

先生の指示を守っているか、手つかずの科目がないか、何回も見直しをしてください。

優先順位
1 提出物を仕上げる。

2 実技科目(音楽、体育、技術家庭、美術)の勉強をする。

3 国語、数学、英語、理科、社会の教科書や副教材を勉強する。

4 受験に必要な単元(二次関数、相似、関係代名詞、分詞、公民、天体など)を入試用の問題集で勉強する。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2010年09月10日

来週、定期テストの生徒さんへ

定期テスト、おつかれさまです。

兼学塾では、夏期講習が終わってほっとしたのもつかの間、定期テストの対策に追われています。

中学3年生は、テストに向けて緊張していると思います。

テスト勉強のアドバイスをすると・・・
・公民や理科の物理分野など、慣れていない単元に力をいれる。

・重箱の隅ををつつくような勉強をしない。細かいことを暗記するより、各科目をまんべんなく、一定のレベルにすることが重要。

・数学では二次式が重要なので、因数分解と二次方程式の計算練習をする。

今回の定期テストでは、大失敗はできないので、遅刻したりしないように、テスト前日は早く寝ましょう。

あと、たとえ今回の定期テストが悪くても、そこであきらめてしまってはだめです。

理想通りにことが運ぶ人など、なかなかいないものです。

もし何か失敗してしまっても、2学期が終わるまで、テストと提出物をがんばってください。

不安にかられたら、1人で考え込まず、学校や塾に相談してください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2010年07月01日

定期テストお疲れ様でした

1学期の定期テストが終わりました。

兼学塾には、北区、荒川区、豊島区、中野区、埼玉と、様々な地域から生徒さんがいらしゃっているので、試験日が生徒さんによって異なり、1ヶ月近くテスト対策に追われていました。

テスト範囲を見ると、中学によって非常に進度が違っています。

おそらく去年のインフルエンザの影響だと思うのですが、科目によって非常に進度が遅い学校があります。

今回のテストで、3年生の単元がほとんど範囲に含まれなかった場合は、7月以降の授業のペースが急に早くなると思います。

模擬試験の試験範囲表や塾の年間スケジュールなどを活用して、自分の中学の進度が遅れていないか是非チェックしてください。

進度が遅れてしまっている場合は、夏休みに7月の復習と、2学期の先取りをしておきましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2010年06月05日

提出物

5月に中間テストがなかった中学では、今月の中旬〜下旬頃に定期テストがあります。

提出物は準備できていますか?

中3になると、今勉強している単元に加えて、中2までの復習も試験範囲に入ることがあります。

また、昨年インフルエンザで授業が中断している学校では、例年よりも試験範囲が広くなります。

試験週間に入ってから副教材やノートまとめに手をつけると、提出物だけで手一杯になってしまい、試験勉強できなくなります。

試験1週間前には提出物はできるだけ終わらせておきましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2010年05月10日

中間テスト

5月にテストがある中学では、今週くらいにテストがあると思います。

手応えはどうだったでしょうか?

「バッチリいけた!」という人も、「難しかった!」という人も、試験の傾向や反省点を把握しておきましょう。

普段は日記をつけない人も、試験が終わった日には、試験の感想をすぐにメモしておきましょう。

・時間が足りなかった教科は?
・前の学年と問題の傾向が変わった教科は?
・授業のプリントがそのまま出題された教科は?

このようなメモを作っておくと、次のテストで役立ちます。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2009年11月17日

実技科目

技術家庭科、音楽、美術、体育の試験勉強は終わっていますか?

公立高校の内申では、これら実技科目の評価も対象になります。

しかも、国数英理社にくらべ、比重が高く計算されます。

特に中3は、試験範囲のプリントのチェック、提出物の確認などを怠らないように気をつけましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2009年10月13日

定期テストお疲れ様でした

中間テスト、お疲れ様でした。

2学期のテストでは、方程式の応用や関数、難しい英文法(中2は不定詞、中3はSVOO構文・関係代名詞など)がテスト範囲にはいります。

1回1回のテストをしっかりこなしていくなかで、受験に必要な基礎知識が身につきます。

次のテストに向けて、今回のテストの復習と、今学校で勉強している単元の問題練習に取り組みましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2009年09月28日

提出物を利用しよう

定期テスト終了後に、ドリルやまとめノートの提出が必要な場合があります。

提出日直前にバタバタと仕上げるのはもったいないです。

何時間もかけて慌てて勉強しても、まったく頭にはいりません。

中学の先生方は、定期テストの勉強のために、提出物を義務付けています。

「提出物を真面目にやれば、テストで得点できる」ともいえます。

下書きをしてから提出物を仕上げるくらいの意気込みで提出物の範囲を勉強すれば、自ずと試験にでそうなところが分かります。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2009年09月23日

2学期の定期テスト

そろそろ、2学期の1回目の定期テストが始まるかと思います。

中学3年生は、受験準備で忙しいでしょうが、定期テストの勉強は手を抜かずにやりましょう。

内申の問題だけでなく、3年生の学習内容には、二次方程式、二次関数、Itを使った構文、関係代名詞など、受験に直結する問題が目白押しだからです。

定期テストをきっかけに集中して勉強することで、重要な単元の総復習ができます。テスト10日前には勉強を始めましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト