2016年10月21日

最後の定期テスト

定期テストの勉強を、そろそろ始めているでしょうか。3年生の秋の定期テストでは、難易度が高い単元が目白押しです。学校のワークや教科書準拠の問題集などは今から始めましょう。特に、数学では関数と平面図形が試験範囲になり、数学が苦手な受験生にとっては、中学生が言うところの無理ゲー状態になります。ただ、二次関数や相似は入試で頻出で、捨てるわけにはいかないので、難しくても学校のワークの基本問題は自力でがんばってください。また、理科でイオン、天体の計算、仕事の計算などが出題される場合でも、「これは苦手だから捨てよう」というのはダメです。近年の都立入試では、理科の計算問題が重視されるようになっているので、良い機会ととらえて、公式に代入するだけの問題は解けるようにしてください。この時期のテスト範囲は、入試に直結する問題が多いので、テスト勉強をしているだけでも、受験勉強になります。苦手な問題があっても、あせらず、十分に時間をかけて克服していきましょう。また、定期テストレベルは悠々大丈夫な場合は、二次関数、相似、関係代名詞、分詞などの発展問題を演習し、難問を演習するための基礎力をつけましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177343738

この記事へのトラックバック