2014年07月29日

青い鳥は側にいる

そろそろ7月が終わります。この10日ほど、夏休みはどうでしたか。

ところで、学校の宿題は進んでいるでしょうか。夏休みは、夏期講習を詰め込まなければ受験勉強ができないと焦る受験生もいますが、学校の宿題も、工夫次第で受験勉強になります。というより、むしろ、主要5科目が総て4以上で、模試の偏差値が60を超す人以外は、教科書レベルの基礎で何か欠落があるので、学校の勉強をおろそかにすると危険です。

この時期は、中学でも、受験を視野に入れて、2年生までの総復習や、秋以降の定期テストに役立つ宿題を出します。答えを見ながら、やっつけ仕事で終わらせたりすると、非常にもったいないです。できなかった問題を解き直したり、分からない問題を教科書で調べるなど、うまく宿題を活用すると、基礎の総復習ができます。しかも、間違い直しや書き込みをしていると、提出物の評価が上がるので一石二鳥です。

受験勉強は、時間が限られた中で、最大限の成果を上げなければなりません。ちょっと工夫するだけで、学校の宿題も有意義な受験勉強になります。実際、兼学塾でも、部活を引退して、学校の宿題にきちんと時間をかけるようになったとたん、成績が上がる受験生が毎年のようにいます。まさに青い鳥は側にいる、身近なことを最大限に生かして能率的に勉強しましょう。

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月10日

夏休みの勉強法 夏期講習には期待しない

あと2週間で夏休みです。「夏休みはがんばるぞ!」と意気込んでいる方も多いと思います。中3の夏休みには、連日、長時間の夏期講習が行われます。兼学塾でも、中3は、普段よりも受講回数を増やし、中2までの総復習や期末テスト対策をします。

ただ、水をさすようですが、夏期講習に期待しすぎるのは禁物です。夏期講習では、中2までの総復習や、2学期の予習を猛烈なスピードで進めます。夏期講習を受けているだけでは、苦手な単元を、根本的に理解するのは難しいです。夏期講習を受けっぱなしにせず、問題を解けるようになるまで復習しましょう。

受験生は何かとやることが多く、夏期講習の復習などは、つい後回しにして、そのまま忘れてしまいます。夏休みの目標や学習計画を決め、最低限やるべきことを明確にしておきましょう。ただ、「期末テストで学年順位を10位以内に上げる」といったような、漠然として、受験と直結しない目標は、あまり望ましくありません。この目標では、どの科目で何を勉強すればいいか分かりにくいですし、入試で必要なのは学年順位ではなくて内申点です。たとえ定期テストの総合点が高くても、宿題を出し忘れたり、苦手科目を放置して、内申点が下がってしまったら、あまり意味がありません。

実際には、以下のような目標設定の仕方が望ましいです。
現状の分析 数学は中間テストで75点だったので、あと10点ほどで4になる可能性が高い。
目標 数学の成績を4にあげる。他の科目の内申点が下がらないようにする。
学習計画 7月中に学校の数学の宿題と、期末テストの範囲のワークを終わらせる。8月は、平方根と二次方程式の計算練習をしてケアレスミスをなくす。また、8月下旬に、塾の夏期講習の教材を解き直し、5科目の総復習をする。




posted by 都立高校入試の兼学塾 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記