2018年09月20日

数学の追い込み

北区・豊島区の中学では、定期テストがだいたい終わり、兼学塾では、都立の一般入試に向けて追い込みをしています。数学では、すでに共通問題で80点以上得点している生徒もいれば、小問集合で落としてしまって伸び悩んでいる生徒もいます。

共通問題で得点が6割以下の場合、教科書の例題レベルの問題で失点しています。模擬試験などで間違えたところをくり返し見直し、苦手な問題を問題集で練習すれば、簡単に得点が伸びます。数学は苦手だと思わず、1問1問克服しましょう。特に、平面図形の証明問題や、関数の1問目は、慣れれば簡単です。

すでに高得点を取っている場合、ここから伸ばすには十分な問題練習が必要です。都立高校の場合、学校で習わない解法を必要とする問題は出題されません。問題文を正確に読み、地道に試行錯誤して計算する力が求められています。これは、グループ作成校でも同じです。「ハイクラス徹底問題集」(文理)や「全国高校入試問題正解 分野別問題集」(旺文社)など、公立高校の過去問を編集した問題集で、手を動かしながら応用問題に取り組みましょう。また、ある程度、模試や過去問を解くと、立体では、三平方の定理、等積変形、立体の切断が出題されやすいなど、傾向が分かってきます。出題されやすい問題の解法をノートにまとめ、どうしたら素早く解けるか考えると、高得点が狙えます。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 数学

2018年06月21日

いよいよ夏です

北区では、だいたいの中学の定期テストが終わりました。塾では、すぐに受験勉強を再開するようにはっぱをかけています。今から夏休み頃までの予定ですが、8月後半には、夏休み明けテストや期末テストの勉強が必要になります。思うほどは、夏休みは受験勉強できないと考え、やるべきことを絞って学習計画をたててください。特に、塾に勧められるままに長時間塾漬けになると、かえって良くないこともあります。夏休みも課題やテスト勉強の内容、自分の学力などを自分で判断し、無理なく効果的に学習内容を決めましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

いよいよ本番

兼学塾では、「入試の前日まで普段通り勉強する」ことを方針にしています。実際、冬季講習や直前期の授業でも、無理に授業時間を長くしたり、膨大な量の問題をだしたりはしていません。2年生のうちから、基本問題をたくさん練習し、中3では、それに志望校の出題傾向に合わせた演習問題をプラスするといった、無駄がないオーソドックスなカリキュラムにしています。それは、大人が引いたレールの上をただ走るのではなく、自分でやるべきことを考える余地を残したいからです。

あと少しですが、自分の勉強法や考えを信じて、平常心で勉強してください。最近は、どこの高校でも、非常に勉強が大変ですが、自分で勉強をやりきった経験は、入学後に大きく生きると思います。


posted by 都立高校入試の兼学塾 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月20日

冬休みの過ごし方

いよいよ冬休みです。この時期は、過去問演習やVもぎの見直しなどアウトプットの練習が重要です。また、理科や社会の総復習、国語の漢字練習といった、基礎知識の暗記もコツコツ続けていきましょう。

また、塾の冬期講習を受けるだけで安心せず、苦手科目の見直しなど自分にとって必要なことをピックアップして、おおまかに学習計画をたてながら家庭学習してください。

上位校を狙う場合は、数学の応用問題や、国語・英語の記述対策なども重要です。数学では、二次関数、相似、円、三平方の定理の応用問題に時間をかけて取り組み、試行錯誤して答を導く練習をしてください。また、上位校では厳しい基準で採点されると予想できるので、記述問題は先生に見せて添削をしてもらってください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月11日

私立の併願校について

先週くらいに、前期の成績が出たと思います。内申点がほぼ確定したところで、私立の併願校を具体的に絞っていきましょう。よく、第一志望以外はいいかげんに考えている受験生がいますが、思い通りにいかなかった場合を考えるのは、とても大切なことです。高校卒業後の進路、部活動、通学距離など、希望にそった高校をいくつか選んでおきましょう。学費の面で心配な場合は、課外活動や部活動にかかる費用についても、早めに高校に問い合わせてください。

また、高校卒業後、難関大学への進学を考えている場合は、併願推薦をとる高校以外に、中大付、東京農大付、巣鴨など、私立の上位校をいくつか検討しておきましょう。高校受験では、都内の大部分の高校の受験日程が重なってしまうので、今から試験のスケジュールを検討しましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報

2017年07月21日

いよいよ夏休み

いよいよ夏休みです。学校の課題は、7月中に終わらせ、8月は受験勉強に専念しましょう。また、8月の後半からは、夏休み明けのテストや、期末テストの勉強も必要です。目の前の夏期講習だけに意識が向いていると、9月にバタバタとテスト勉強することになるので、自分なりにおおまかな計画をたてて勉強してください。

兼学塾では、共通問題の都立高を志望する生徒さんに対しては、中間テストが悪かった科目のテスト対策、数学や英語の予習、中2までの復習(主に数学の1次関数と図形、理科、社会)を夏休みの授業で取り上げます。あくまで2学期の内申対策を重視しつつ、公立高校レベルの入試問題も演習するという計画です。グループ作成校を志望する場合は、これにプラスして、難関私国立レベルの数学や英語の演習もしておくのがおすすめです。時間がとれる夏休みに、試行錯誤して数学や英語の難問を考えることに慣れると、秋以降に能率よく勉強できます。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月17日

移転のお知らせ

5月は、学校行事や部活の引退試合などで忙しいかもしれませんが、中間テストや英検などの検定試験は目の前です。内申点は、この時期に、どれだけ勉強するかで決まってきます。毎日、少しの時間でいいので、学校の宿題以外に勉強する時間を取りましょう。

さて、5月29日に、塾を移転します。移転先の住所は、東京都北区西ヶ原4−10−10です。最寄り駅は、都電荒川線西ヶ原4丁目、JR駒込駅、都営三田線西巣鴨駅になります。みんなの公園やスーパーマルショウが近くにあります。建物は茶色の一軒家です。新しい塾は、住宅街の中にあるので、帰りに寄り道などをせず、遅くなるときは、できるだけおうちの方に迎えに来てもらってください。

アクセス
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月23日

受験勉強、おつかれさまでした

明日は、いよいよ都立高校の一般入試です。近年の都立入試では数学や理科の難易度があがっていて、普通の学生にとっては、過去問を解くだけでも大変な試験となっています。今日まで受験勉強を継続するには、人に相談したり、悩んだり、試行錯誤の連続だったと思います。分からない問題があっても、自分にできることを探して、粘り強く勉強したことは、一生の財産になります。高校進学後も、何か思うようにいかなくても、悩んだり、相談しながら乗り越えてください。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月21日

最後の定期テスト

定期テストの勉強を、そろそろ始めているでしょうか。3年生の秋の定期テストでは、難易度が高い単元が目白押しです。学校のワークや教科書準拠の問題集などは今から始めましょう。特に、数学では関数と平面図形が試験範囲になり、数学が苦手な受験生にとっては、中学生が言うところの無理ゲー状態になります。ただ、二次関数や相似は入試で頻出で、捨てるわけにはいかないので、難しくても学校のワークの基本問題は自力でがんばってください。また、理科でイオン、天体の計算、仕事の計算などが出題される場合でも、「これは苦手だから捨てよう」というのはダメです。近年の都立入試では、理科の計算問題が重視されるようになっているので、良い機会ととらえて、公式に代入するだけの問題は解けるようにしてください。この時期のテスト範囲は、入試に直結する問題が多いので、テスト勉強をしているだけでも、受験勉強になります。苦手な問題があっても、あせらず、十分に時間をかけて克服していきましょう。また、定期テストレベルは悠々大丈夫な場合は、二次関数、相似、関係代名詞、分詞などの発展問題を演習し、難問を演習するための基礎力をつけましょう。
posted by 都立高校入試の兼学塾 at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期テスト

2016年10月04日

模擬試験

お久しぶりです。7月に出産をし、とにかく忙しくてブログの更新をしていませんでした。今になって、子供が生まれて無事に育っているのは、人生は不思議だという気持ちです。受講生の皆様に、できるだけ迷惑をおかけしないようにがんばります。

さて、この時期は、必ず「Vもぎ」か「Wもぎ」を受験してください。1ヶ月に1回くらいのペースで、1月まで継続して模擬試験を受けてください。なぜなら、同じ偏差値だとしても、成績が上がり調子なのか下がり調子なのかで、数字の意味が違うからです。じわじわと成績があがっている状況であれば、多少、志望校判定が悪くても、入試本番まで成績が伸びる可能性が高いといえます。ときどき、学費の問題で、1回しか受けたくないというお話を聞くことがありますが、塾の学費を削ってでも、模擬試験は受けてください。この時期からは、本番の雰囲気に慣れ、都立の類似問題を演習することに大きな意味があります。

Vもぎ
Wもぎ

posted by 都立高校入試の兼学塾 at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験情報